製品ラインナップ »ダイアフラベール保護保湿クリーム

製品ラインナップ

ダイアフラベール保護保湿クリーム

ダイアフラベール保護・保湿クリーム:しっとり潤うのにべたつかないやさしい塗り心地

ダイアフラベール保護・保湿クリーム写真(P)

製品の特徴

lineup-no01リピジュア®が皮脂膜の働きを担う

細胞膜に類似した構造を持ち、皮膚の表面にある皮脂膜の働きを担うリピジュア®を配合。

lineup-no02天然植物由来セラミド(オリザセラミド)が、角質層の水分を保持する

角質層の細胞間に含まれるセラミドと同様に、水分を保持する機能を持っているオリザセラミドを配合。保湿効果の高い植物(米)由来の天然セラミドです。

「ダイアフラジン・シリーズ製品」の使い方のポイント

皮膚炎でお悩みの方は「ダイアフラジンA軟膏」で治療を行って、症状が軽くなった後は、皮膚の正常機能を維持するために「ダイアフラベール保護保湿クリーム」を継続使用することをおすすめします。

ポイント皮膚炎の治療

ダイアフラジン石鹸(RT)

ダイアフラジン石鹸「ダイアフラジン石鹸」で汗や汚れを落とし、皮膚を清潔にします。

ダイアフラジンA軟膏「ダイアフラジンA軟膏」を1日に2,3回、患部に薄く塗ります。

ポイント皮膚の正常機能を維持

ダイアフラジン石鹸(RT)

ダイアフラジン石鹸「ダイアフラジン石鹸」で汗や汚れを落とし、皮膚を清潔にします。

ダイアフラベール保護保湿クリーム「ダイアフラベール保護保湿クリーム」を症状が軽くなった皮膚とその周辺に塗ります。


塗り方のポイント

ダイアフラベール保護・保湿クリーム写真(S)

ポイント基本的な塗り方―手順

  1. 手を石鹸などで洗って清潔にします。
  2. 適量を指先でとり、手や腕など必要な箇所に点在させます。
  3. 一般的に多めに塗布した方がよいでしょう。
  4. 指先ではなく、手のひらを使って、やさしく丁寧に、できるだけ広い範囲に塗ります。

ポイント効果的な塗り方

  1. 1日1回よりは数回塗るほうが効果的です。
  2. 入浴後、10分以内(できれば5分以内)に塗ります。
  3. 赤ちゃんにはわきの下、指の間なども忘れずに塗りましょう。

製品情報

販売名 「ダイアフラベール保護保湿クリーム」
発売元 内外薬品株式会社
分類 化粧品
内容量 60g
成分 水、ジメチコン、グリセリン、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、 ステアリン酸PEG-75、ワセリン、ポリクオタニウム-51、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アルギニン、トコフェロール、グルコシルセラミド、オレイン酸ポリグリセリル-10、レシチン、コメヌカ油、フェノキシエタノール
※リピジュア®は、ポリクオタニウム-51です。
また、リピジュア®は日油株式会社の登録商標です。

使用上のご注意

  • 化粧品が皮膚に合わないときは、ご使用をおやめください。
    使用中、赤み・はれ・かゆみ・刺激等の異常があらわれた場合。
    使用した皮膚に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
    そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談ください。
  • 目に入らないように注意して、万一、目に入った時は、すぐに水で充分に洗い流してください。
  • ご使用後はキャップをしっかりしめてください。
  • お肌に傷やはれもの、しっしん等の異常がある時はお使いにならないでください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 直射日光のあたる場所や極端に高温又は低温の所には保管しないでください。

ダイアフラジンシリーズラインナップ

皮膚炎の治療皮膚炎の治療

ダイアフラジンEX軟膏

ダイアフラジンEX軟膏

皮膚炎、しっしんのひどい部分に シャープな効き目のステロイド薬

詳細はこちら

ダイアフラジンA軟膏

ダイアフラジンA軟膏

皮膚炎、しっしんに。 全身に使える非ステロイド薬

詳細はこちら


皮膚の乾燥皮膚の乾燥

ダイアフラジンHB軟膏

ダイアフラジンHB軟膏

リビジュア配合。ひび割れ、あかぎれ、しもやけに。水仕事でも落ちにくい

詳細はこちら


皮膚の保護・保湿皮膚の保護・保湿

ダイアフラベール保護保湿クリーム

ダイアフラベール保護保湿クリーム

しっとり潤うのにべたつかない やさしい塗り心地

詳細はこちら

皮膚の清潔皮膚の清潔

ダイアフラジン石鹸

ダイアフラジン石鹸

しっかりきめ細かな泡で洗浄 しっとりリビジュア®で保湿

詳細はこちら